就職のために保育士なども資格を取得する

Posted 7月 8th, 2011 by Wilson Cham2010-12-28

私の周囲には保育士が多い。

結婚後も復帰しやすいと口をそろえて話す。

また子供の相手を心底楽しんでいる様子が伺えるので、ほっと胸をなでおろす。

子供はその心理を見抜く天才なので、子供好きかどうかは重要だ。

さらに、仕事と家庭の両立もしやすいようなので、うらやましいかぎりだ。

女性が仕事を持つにあたっては家庭と仕事のバランスが大切だと思うので、重要なポイントとなると思う。

さて、保育士になるためには国家試験に合格しなければならない。

大学などで学び学生時代に保育士の資格取得をする人が多いが、結婚後の仕事として再就職するために保育士の資格取得のために勉強を始める人も多いと感じている。

通信教育でも学べるので、どの通信教育がよいのかは周囲で評判を聞くとよいと思う。

しっかりと勉強をし、働きたい仕事のための資格の勉強となればやりがいもありそうだ。

保育園で欲しがっている人材は、本当に子供が好きかどうかということと、若い人であれば育てがいがあるので、若い人がいいと話す園長も多い。

園のカラーに育てたいという気持ちがあるようだ。

年配であればがんこな性質ではなく、柔軟に対応できる人と話す。

以前働いていた園と比べてはやりずらさを感じるからだということらしい。

さらにリーダーシップをとれる人がよいという。

そのような人材であれば、貴重な人材として喜ばれること間違いないと思う。

保育士としてのスキルはもちろんだが、園にあうカラーや人柄はさらに働きやすさと関連してくると思うので、周囲とうまくとけこめるように心がけたいものだ。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>